iOS 6 で連絡先とカレンダーの Facebook 同期を解除する方法

iPhone 4
photo credit: Brian Wilkins via photopin cc

iOS 6 で iPhone が Facebook と統合され、近況の投稿やリンクの共有がしやすくなりました。でも「連絡先」が増えすぎたり、「カレンダー」がいろんな人の誕生日で埋まってしまったりと使いにくい点もあります。そんな時は以下の方法で同期を解除することができます。

解除は「設定」アプリで

最初に「設定」アプリを開き、下の方にある「Facebook」をタップします。

photo of screen shoot

「アカウントの使用を許可するApp:」で「カレンダー」「連絡先」のスライダーを「オフ」にします。

photo of screen shoot

これで Facebook との同期が解除され、友達の連絡先や誕生日、イベントは表示されなくなります。通知センターからの近況投稿、Safari からのリンク共有などの機能は引き続き使えます。

誕生日は「カレンダー」「連絡先」のどっち?

この同期の設定と、カレンダーアプリへの誕生日の反映とがどう関係しているのかを確認するため、同期と同期解除を何度か繰り返してみました。その結果、以下の挙動を確認できました。

  1. 【設定】「カレンダー」オフ、「連絡先」オン→【カレンダーアプリ】「Facebook イベント」非表示、「誕生日」表示
  2. 【設定】「カレンダー」オン、「連絡先」オフ→【カレンダーアプリ】「Facebook イベント」表示、「誕生日」非表示

ということは、Facebook イベントと誕生日はどちらも同じようにカレンダーアプリに表示されるものですが、同期の設定においては「Facebook イベント→カレンダー」「誕生日→連絡先」という形で紐付けられていることになります。少し紛らわしいですね。

連絡先を同期しつつ、誕生日を非表示にするには

Facebook との連絡先の同期を維持したまま、カレンダーで誕生日を非表示にするにはどうすればよいでしょうか。

上記の通り、同期の設定で「連絡先」をオンにしているとカレンダーアプリには誕生日が読み込まれます。そこで、カレンダーアプリを開いて左上の「カレンダー」をタップします。

photo of screen shoot

それからカレンダーの一覧で、「Facebook」の「誕生日」をタップし、チェックマークを外します。これでカレンダーアプリで Facebook の友達の誕生日を非表示にできます。

photo of screen shoot

ただ、通知センターにカレンダーのイベントが表示されるようにしている場合、この方法を使っても通知センターには Facebook の友達の誕生日が表示されたままでした。

One thought on “iOS 6 で連絡先とカレンダーの Facebook 同期を解除する方法

  1. Pingback: 【iPhone】iPhone5を買って困った事のまとめ。 | りんろぐ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です