iPhone の画面が勝手に回転しないようロックする方法

there there.
photo credit: notsogoodphotography via photopin cc

寝転んで iPhone を弄っている時、画面が勝手に横向きになってしまうことがよくあります。今回は、この画面の回転をロックする方法をご紹介します。

2013-09-22 追記: iOS 7 ではコントロールセンターから「画面ロック」のオンオフができるようになりました。(関連記事: iPhone 5 を iOS 7 にアプデ!気に入ったポイント7点

設定は「マルチタスクバー」から

私自身は iPhone を使い始めて2年以上になりましたが、恥ずかしながら今回初めてこの方法を知りました。

確か画面の回転をロックする機能があったはず…、と思いながら「設定」アプリの中を探し回ったのですが見つからず、検索エンジンでヒットした以下のサイトを参考にさせていただきました。

まず、ホームボタンを2度押しして、アプリを切り替えたり終了させたりするための「マルチタスクバー」を表示させます。それからバーの上で右スワイプします。

photo of screen shoot

するとミュージックの操作をできるバーが表れますので、左側の矢印マークのアイコンをタップ。

photo of screen shoot

メッセージが表示され、画面の右上に鍵マークが表示されたら成功です。

photo of screen shoot photo of screen shoot

同じ方法で、もう一度矢印マークのアイコンをタップすればロックを解除できます。

photo of screen shoot photo of screen shoot

一時的に横向きにしたい時には「変なボタン」が便利

では、ロックをかけた状態で一時的に画面を横向きにしたい時にはどうすればよいでしょうか。

こうしたケースでは、以前の記事 iPhone の「変なボタン」がスクリーンショットに写り込まなくなり、さらに便利に でご紹介した「アシスティブタッチ」の機能が便利です。

アシスティブタッチの「変なボタン」をタップし、「デバイス」→「画面を回転」と順にタップ。

photo of screen shoot photo of screen shoot

ここから縦向き、横向きの切り替えができます。

photo of screen shoot

私自身は iPhone で横画面表示をしたい時というのは、Safari で Web を閲覧したり、PDF ファイルを見たりする時ぐらいなので、この方法で「あー、また横向きになっちゃった」というストレスを軽減していこうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です