WordPress 3.5 へアップデート

photo of wordpress

photo credit: Eric M Martin via photopin cc

WordPress をバージョン 3.5 へアップデートしました。初めてのアップデートで事前のバックアップに手間取ったので、今後のためにメモを残しておきます。

アップデートの前に

何しろ初めてのことで「事前にバックアップが必要なのだろう」ぐらいしか思い浮かばないので、まずは注意事項を確認。WordPress Codex と、サーバをレンタルしているロリポップにそれぞれ次の説明がありました。

アップデートの手順

ロリポップのページから手順をまとめると、以下のようになります。

  1. WordPress のインストールフォルダをバックアップ
  2. データベースをバックアップ
  3. プラグインを停止
  4. WordPress を更新
  5. プラグインを有効化

これに沿って作業を進めていきました。

1. インストールフォルダのバックアップ

これは FTP アプリを使って、WordPress をインストールしたサーバのフォルダを丸ごと Mac にダウンロードしました。

2. データベースのバックアップ

ここでかなりつまずきました。ロリポップの解説ページを参考に、まず ユーザー専用ページ にアクセスしてログイン。続いて「WEBツール」→「データベース」を選択し、「phpMyAdmin を開く」をクリックします。

photo of screen shoot

すると phpMyAdmin のログイン画面が表示され、「ユーザ名」「パスワード」の入力と、サーバの選択を促されます。しばし迷った後、ロリポップの「データベース」画面に表示されていた「ユーザー名」「パスワード確認」「サーバー」の部分をそれぞれ参照して入力したところ、次に進めました。

photo of screen shoot

ここからは、先ほどリンクを掲載した WordPress Codex の文書の 「簡単なバックアップ」 の項目に従って作業しました。

ログインすると左側の列にデータベースが並んでいるので、ロリポップの「データベース」画面に表示されている「データベース名」と一致するものを選択。

photo of screen shoot

その上で「エクスポート」をクリックします。

photo of screen shoot

しかし、表示された画面で設定できる項目は、WordPress Codex の文書に出てくるスクリーンショットの設定項目より大幅に少ないです。そこで試しに「エクスポート方法:」を「詳細」に変更すると、細かい設定項目が表示されました。

photo of screen shoot

ここからは、ひたすら WordPress Codex の文書と画面とを見比べ。「生成オプション」→「追加コマンド:」→「DROP TABLE ~~〜 コマンドの追加」にチェックを入れて画面下の「実行する」ボタンを押し、ようやくバックアップファイルがエクスポートされました。

photo of screen shoot

3-5 は WordPress の管理画面から

ここまで終わったら、WordPress の管理画面に移ります。プラグインを停止した後、更新画面で青緑色の「いますぐ更新」ボタンをクリック。

photo of screen shoot

これで更新できるのかと思いきや、今度は次の画面が…。なかなか更新させてくれません。

photo of screen shoot

そこでロリポップの公式サイトで FTP に関する説明を探し、以下のページを見つけました。

それによると、ユーザー専用ページの「アカウント情報」で必要な情報を確認できるとのこと。「ホスト名」には「FTPSサーバー」、「FTP ユーザー名」には「FTP・WebDAVアカウント」、「FTP パスワード」には「FTP・WebDAVパスワード」をそれぞれ入力すればいいようです。

WordPress の管理画面と行ったり来たりしながら入力し、「接続形式」を「FTPS (SSL)」にした上で「開始」ボタンをクリック。そして…、ようやくこの画面を見ることができました。

photo of screen shoot

初めてのアップデートだったので、その都度調べながらの作業で思いのほか時間がかかってしまいました。ですが苦労した分、この画面を見られた時のよろこびもまたひとしおでした。

新しいデフォルトテーマの Twenty Twelve は、これまでの Twenty Eleven と比べても非常にシンプルな見た目のつくりです。現状では特に手を加えず、デフォルトのまま使っていますが、来年はテーマのカスタマイズにも挑戦したいと考えています。

2 thoughts on “WordPress 3.5 へアップデート

  1. PonDad

    こんにちは。twenty twelveにアップデートしたんですね。
    実は私、twenty elevenのコード直接書き換えてカスタムしちゃったんで
    バックアップも取ってないんですよ〜^_^;

    ちょっとまずいので参考にします。

    Reply
    1. hirose Post author

      PonDad さん、こんにちは。テーマをカスタマイズしていらっしゃると、こういうアップデートの時に大変になるのでしょうか、、、(^^;; 私はまだまだそこまで行けていないので、参考にさせていただきます。WordPressの大変さと面白さを今回の件でつくづく実感しました(*^^*)

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です