初代と2代目の iPhone にお別れを告げる

iphone 4 & 4s

昨年の12月に iPhone 5 を購入し、めっきり使わなくなってしまった初代の iPhone 4 と2代目 iPhone 4s に今日、お別れを告げてきました。いつも自分の手元にあって、どこへ行くにも一緒だった存在。やはり長年付き合った友人との別れには寂しいものがありました。それと同時に、感謝の気持ちもいっぱいです。

2010年秋の出会い

iPhone を使い始めたのは2010年の秋でした。それまで10年以上にわたってドコモの携帯を使ってきた経緯もあり、いったんは Android 携帯を買ったのですが、iPhone への思いを断ち切れずにスマホ2台持ちにしたこともいい思い出です(会社の携帯もあったので一時期は3台を持ち歩いていましたw)。

当時はちょうど、仕事を病気休職する直前の時期でした。休職生活に入り、気分がふさぎがちになることも何度もありましたが、iPhone を使うことの楽しさが、それをいくぶんかでも和らげてくれました。

そのころはとても前向きに趣味を楽しめるような心境ではなく、手元にあるちょっとした楽しさからエネルギーをもらっていたようなところがあります。

iPhone がもたらしてくれた変化

iPhone を使うようになってから、スケジュールはすべてデジタルで管理するようになり、GTD を用いたタスク管理にも取り組むようになりました。書類をスキャナー経由でデジタル化して、クラウド上に保存することも始めました。

今にして思えば、休職中でスケジュールやタスクが少ない時期だったからこそ、スムーズにアナログからデジタルへと完全移行できた面もあると思います。

その後、Mac を購入。クラウドを通じて Mac と iPhone を同期することで同じデータを扱えること、情報管理という意味で外出先に自宅と同じような環境を持ち出せることに、魅せられていきました。

ライフハックと呼ばれる分野に足を踏み入れたり、自分の居場所に依存しない情報環境を少しずつ構築したりしてきたことで、以前より多少は頭の中をクリアに保つことができるようになってきました。

自分を支えてくれる存在

私は今、父子家庭の父として日々仕事に家事、育児に追われる身です。もし iPhone や Mac との出会いがなければ、今でもアナログな情報管理をしていたかもしれません。仮にそうであれば、とても毎日の生活は回っていっていないだろうと確信します。こうして WordPress でブログを書くこともおそらくなかったでしょう。

休職やシングルファザーになるという人生の大きな節目で、自分の心持ちを軽くしてくれる楽しみや、現実の生活を切り盛りしていくための効率性を与えてくれた点で、iPhone は自分を物心両面で支えてくれる存在だったと感じています。

今日で自分の手を離れた2台の iPhone。今までありがとう。

2 thoughts on “初代と2代目の iPhone にお別れを告げる

  1. mizugameotome

    泣きましたー
    いろんな思い出がiPhoneには詰まってますよね。
    自分にとっても、生活と切っても切り離せない携帯電話。
    今まで使ってきた携帯を思わずとっておいてしまいます。
    ドンドン新しい機種が出てきて使うサイクルが短くなって行くのも少し寂しい気がします。(笑)
    これから5と楽しい歴史を作っていってくださいね。

    Reply
    1. hirose Post author

      mizugameotome さん、コメントありがとうございます。ほんとに切っても切り離せないですよねー。自分にとっても iPhone はもはやただの物や携帯電話ではなくて、かけがえのない存在になっています(^^) 手を離すのが少し寂しくもあったのですが、その分これから5と楽しい毎日をすごしていきたいと思います!

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です