Markee の Open In 対応でブログ用画像が管理しやすくなった

markee

iPhone の画像処理アプリ Markee がアップデートで Open In に対応し、他のアプリとの間で画像の受け渡しができるようになりました。加工後の画像をカメラロールに戻す必要がなくなり、ブログ用の画像をはるかに管理しやすくなりました。

目次

  1. アップデートの内容
  2. Open In を使ってみる
  3. カメラロールに戻さずアップロード
  4. ファイルサイズが増えても JPEGmini で元通り

1. アップデートの内容

こちらがアップデートの詳細です。画像ファイルの読み込みに対応した他のアプリに、Markee で処理した画像を渡すことができるようになりました。

screen shoot

2. Open In を使ってみる

Markee に画像を取り込み、必要に応じて加工してから右上の「保存」ボタンを押すと、メニューに「Open In」があります。

screen shoot

ここをタップすると Open In に対応した他のアプリが表示され、画像を渡すことができます。

screen shoot

3. カメラロールに戻さずアップロード

これまでは加工後の画像をカメラロールに再保存し、フォトストリームで同期させている Mac から、リネームや圧縮を施した上でサーバにアップロードするやり方を取っていました。

フォトストリームはスムーズに同期できるのですが、カメラロールや Mac の iPhoto が画像であふれてしまうことが悩みの種。Markee から Dropbox に保存する方法も、Markee というフォルダを新たに作らなければいけないのが難点でした。

自分はブログの原稿の下書きや日常生活用のさまざまなファイルの管理に、 Dropbox と連携する Notebooks を使っているので、Open In で Notebooks に保存、リネームまで済ませることができるようになりました。

4. ファイルサイズが増えても JPEGmini で元通り

Markee から iPhone のスクリーンショットを JPEG 化して保存する際に、カメラロールと Open In とでファイルサイズがどう変わるのか、何枚か試してみました。

結果は Open In の方がファイルサイズが大きく、最大で2倍程度。これは困ったな、と思ったのですが、JPEGmini でそれぞれ圧縮をかけてから比較すると、圧縮後はほぼ同じファイルサイズになりました。

ブログ用の画像をカメラロール以外の場所で管理したい人にとって、Markee の Open In 対応はうれしいアップデートですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です