ドラッグアンドドロップで一発!Mac で画像の EXIF 情報を消去できる NoIMGdata

noimgdata

ブログにアップロードする画像の EXIF 情報を簡単に消去できるツールがないかなー、と調べていたら、NoIMGdata という Mac アプリがありました。ドラッグアンドドロップで一発なので、迷いようがないぐらい簡単!手軽にプライバシーを守ることができるのでおすすめです。iOS アプリも出ています。

目次

  1. EXIF 情報って?
  2. 位置情報を消去した新たな画像を生成
  3. EXIF の全消去やオリジナル画像の上書きも設定可能

1. EXIF 情報って?

以前の記事 ブログにアップロードする写真を iPhoto で簡単リサイズ&コンバート にも書きましたが、JPEG 形式の画像ファイルには写真の撮影日時やカメラの設定値といった「EXIF 情報」が含まれます。iPhone も含め、カメラによっては GPS に基づく位置情報が記録されるので、自宅の住所などが特定されないように注意が必要です。

これまでは以前の記事で書いたように、PNG ファイルにコンバートしていましたが、JPEG に比べてファイルサイズが重めなのが悩みの種に。PNG にコンバートした画像を Mac の Preview アプリで開くと、一部の EXIF 情報が残っている(技術的な詳細は分からないのですが、残っているように見えます…)ことも不安でした。

2. 位置情報を消去した新たな画像を生成

そこで見つけたのが NoIMGdata です。

次のスクリーンショットを見てもらえれば、どれぐらい手軽に使えるツールかということがつかめると思います。

そう、アプリのウインドウに画像をドラッグアンドドロップするだけです。メニューバーアイコンへのドラッグアンドドロップでもOK。位置情報を消去した新たな画像ファイルを、オリジナルファイルと同じフォルダに生成してくれます。

3. EXIF の全消去やオリジナル画像の上書きも設定可能

ウインドウには2つボタンがあり、ここで簡単に設定変更ができます。

「Clear ALL metadata」を「YES」にすれば、位置情報だけでなく、EXIF 情報をすべて消去してくれます。「Overwrite original」を「YES」にすると、処理した画像で新しいファイルを生成するのではなく、オリジナルファイルを上書きしてくれます。

EXIF 情報を手軽に取り除きたい方は、ぜひ使ってみてください。iPhone と iPad 用のユニバーサルアプリもリリースされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です