スーパーの便利グッズでキャラ弁作りをしのぐ

Preschooler Bento #97
photo credit: Wendy Copley via photopin cc

長男の新年度のお弁当作りが一息ついたのも束の間、今度は遠足がやってきました。遠足と言えば「キャラ弁」。腕を振るって素敵なお弁当をこしらえる日です(勝手なイメージですが…)。とはいえ自分にはキャラ弁を自作する力もないので、スーパーで便利グッズを買ってしのぎました。

目次

  1. 購入した便利グッズたち
  2. 使い方はどれも簡単
  3. 栄養のことはよく分からないからブロッコリー

1. 購入した便利グッズたち

新年度にお弁当作りをした経緯はこちらの記事に書いています。

連日お弁当作りをする時期と違って、遠足の場合は1日限りなのでクオリティの高いお弁当が集結することが容易に予想されます(これも勝手なイメージ)。というわけで、前回のお弁当作りの際にスーパーで見かけたこれらのグッズを購入してきました。

2013-05-01-1

おにぎりを包むラップと抗菌シート、そして焼くだけで足が開くタコさんウインナーです。世の中便利ですね。

2. 使い方はどれも簡単

写真を撮る余裕がなかったのですが、どれも簡単に扱えました。ラップは上にごはんを乗せ、手で形を整えたらくるんでテープで止めるだけ。ウインナーは適当にフライパンで焼いていると、ちょっとずつ足が開いてきます。最後に自分の手でもうひと開きさせてあげれば終了です。抗菌シートはお弁当箱のふたを閉める前に乗せるだけで、何となくキャラ弁ぽい雰囲気を醸し出してくれます。

実際に完成した「なんちゃってキャラ弁」がこちらです。前回のお弁当作りで余っていたピックとおかずカップも投入。おかずはいつも通り冷凍食品を使いました。写真を撮り忘れましたが、最後に抗菌シートをぺらっと乗せて終わりです。

2013-05-01-2

もうお弁当作りにもだいぶ慣れましたが、小学校と弟の保育園とで今月はあと2回、お弁当を用意する日があります。小学校では代休日に学童保育を利用する際にお弁当が必要になるなど、用意する頻度がかなり高いですね。

3. 栄養のことはよく分からないからブロッコリー

お弁当作りの際に見た目の彩りは多少気にするようになってきましたが、正直なところ栄養バランスについてはよく分かりません。「栄養の豊富なブロッコリーを入れておけば間違いないだろう」ぐらいの感覚ですw

使うたびにゆでるのは大変なので、私はいつもレンジでチンしています。ブロッコリーのレンチンの仕方やゆで卵の簡単な作り方、この前のお弁当作りの時に生まれて初めて作ったチキンライスなど、男の自分にはよく分からない料理の生きた知識は、主婦歴の長い知り合いに教えてもらいました。

冷凍食品や、こうした便利グッズはありがたい存在です。でもそれにも増して、料理を教えてくれたり、励ましてくれたりする周りの人があってこそ、できているお弁当作り。あらためて感謝の思いを感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です