iPhone からメディアライブラリにアクセスできる WordPress エディタ・管理アプリ PressSync Pro

presssync-pro

WordPress を利用するブロガーの間で話題になっている iOS アプリ PressSync Pro – WordPress Blogging App を、自分も早速使ってみました。記事を作成するエディタとしての機能と、ブログ全体を管理する機能とを持ち合わせた万能タイプ。メディアライブラリにアクセスしてアップロード済みの画像を記事に引っ張ってくることもできます。iPhone でのブログの書き方を変えてくれる、そんな予感のするアプリです。

目次

  1. PressSync Pro でできること
  2. メディアライブラリにアクセスできるのがすごい
  3. 行選択が快適
  4. 強力な HTML 入力支援
  5. まとめ

1. PressSync Pro でできること

こちらが起動画面です。記事が「公開済」「下書き」「ローカル」の3つに分けて整理されています。カテゴリーやタグ、アイキャッチ画像も表示されていて見やすいです。1番右の「メディア」からは、WordPress のメディアライブラリにアップロードされている画像まで見ることができます。

2013-05-17-001

非常に多機能で、こんなことができます。なんかもうすごいですよね。

エディタ機能:

  • 「編集」ボタンで単語の選択、カット、コピー、ペースト、アンドゥ
  • 「編集」ボタンで行単位の操作(行選択、行頭・行末へのカーソル移動)
  • App Store へのリンク生成
  • HTML 入力支援
  • スワイプで左右カーソル移動
  • 画像の挿入(メディアライブラリ、カメラロール)

ブログ管理機能:

  • 記事の公開(カテゴリー、タグ、スラッグ、抜粋、アイキャッチ画像、カスタムフィールドが設定可能)
  • カテゴリー、タグの新規追加
  • WordPress の「メディア設定」、「ディスカッション設定」の変更
  • ページ管理
  • Twitter や Facebook への記事共有

URL スキームがどの程度あるのかは分からないのですが、とりあえず起動は次のスキームでできます。

presssync://

2. メディアライブラリにアクセスできるのがすごい

WordPress の公式アプリや Poster – a WordPress blog editor では、カメラロールからの画像挿入はできてもメディアライブラリからはできませんでした(公式アプリで「ダッシュボード」から、というのは重すぎます・・・)。それが PressSync ならできます!カメラのボタンをタップして、「メディアから選択」をタップ。

2013-05-17-002

するとこのように、ライブラリの画像がずらりと表示されます。

2013-05-17-003

使いたい画像をタップすると、このようにタグが挿入されます。タグの部分にカーソルがあると、画面の右上にサムネイルまで表示してくれます。

2013-05-17-004

サムネイルをタップすると、「表示サイズ」「クラス」「リンク先」などを設定できる画面になります。設定を変更すると、先ほど挿入されたタグが設定に合わせて自動的に修正されます。なんてすごいんだろう。カメラロールからアップロードする場合は、リサイズもできます。

2013-05-17-005

3. 行選択が快適

実際に使い始めて、やっぱり便利に感じたのが「編集」ボタンの存在です。ワンタップで「選択」「貼り付け」といった機能を呼び出せます。

2013-05-17-006

2013-05-17-007

ここで「現在の行への操作」を選ぶと、このようなメニューが出てきます。

2013-05-17-008

「行選択」でこの通り。3タップで1行丸々選択することができます。

2013-05-17-009

4. 強力な HTML 入力支援

もう1つ見逃せないのが、HTML タグを補完してくれる入力支援です。「HTML」ボタンをタップして呼び出し、挿入したいタグを選びます。あらかじめ単語や行を選択した状態でこの機能を使うと、選択していた部分を丸々囲んでくれます。

2013-05-17-010

2013-05-17-011

2013-05-17-012

それぞれの入力支援にはスニペットも割り当てられているので、今の例で言えば行を選択してから「!strong」と入力することでも同じ結果が得られます。

2013-05-17-013

2013-05-17-012

同様の機能を持つ iOS アプリ TextExpander に匹敵する便利さですね。よく使う入力支援機能は「HTML」ボタンからすぐに呼び出せますし、単語や行をコピーするのではなく選択しただけの状態で直ちに発動できるのもいいですね。

「設定」の「システム設定」→「カスタム入力支援」からオリジナルの入力支援を追加することもできます。

5. まとめ

自分のブログの更新スタイルって、下書きは主に iPhone で、画像の貼り付けは Mac で、という具合だったので iPhone から投稿することはほとんどありませんでした。PressSync がメディアライブラリへのアクセスを可能にしてくれたことで、画像だけ先に Mac でアップロードしておいて貼り付けは iPhone で、といった使い方もできるのかな、と考えています。

あえて欲を言えば、これで TextExpander との連携もできるようになったら最高ですね!PressSync についてはすでに他のブロガーさんが書かれたレビュー記事も多く出ています。参考にさせていただいた記事を最後にご紹介します。

2 thoughts on “iPhone からメディアライブラリにアクセスできる WordPress エディタ・管理アプリ PressSync Pro

    1. hirose Post author

      PonDad さん、こんにちは!そうなんですよね〜。画像がどうしてもネックだったんですけど、このアプリがその辺をかなり補ってくれそうな予感がしてます(^^)

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です