メディアライブラリでアップロード済みの画像をリネームできる WordPress プラグイン Media File Renamer

2013-06-07-001

サーバにアップロードしたブログ用の画像を分かりやすいファイル名で管理したい時に、WordPress はメディアライブラリで画像をリネームできないのが不便ですよね。Media File Renamer はこれを可能にするプラグイン。リネームすると変更後のファイル名に合わせて、すでに記事の中に貼り付けてある img タグも自動的に修正してくれる優れものです。

目次

  1. インストール
  2. リネームは画像のタイトルを変更するだけ
  3. 記事内の img タグにも反映
  4. まとめ

1. インストール

ダウンロード・インストールは WordPress 管理画面の「プラグイン」→「新規追加」からできます。Media File Renamer で検索すればすぐに出てきます。プラグインの公式ページはこちらです。

2. リネームは画像のタイトルを変更するだけ

インストールし、プラグインを「有効化」したら早速使ってみましょう。今回はテストなので、あえてファイル名をランダムな文字列にした画像を用意しました。頭がくらくらします。

タイトルを「Photo」に変更し、「更新」ボタンをクリックします。

「ファイル名」にご注目ください。先ほどタイトルに入力した「Photo」に合わせ、ファイル名の方も「photo.png」とリネームされています。画像ファイルの URL にも変更が反映されました。

3. 記事内の img タグにも反映

そしてすごく驚いたのが、こうして画像をリネームすると、その画像を貼り付けてある投稿記事の中の img タグも自動的に修正され、リネーム後のファイル名になっていることです。

実は先ほどのテスト画像は、記事投稿画面の「メディアを追加」からアップロードしました。その時点では投稿に元のファイル名で img タグが挿入されています。

2の手順で画像にリネームを施してから投稿画面に戻り、ブラウザの更新ボタンをクリックしてページを再読み込みします。すると、img タグの src 属性(画像ファイルの URL を指定するところ)の最後が「photo.png」に修正されています。

記事と画像とがきちんと紐付けられている状態であれば、このように変更内容が反映されます。なので、「リネームしたら画像が表示されなくなった」ということはありません。これは便利!

ただ、alt 属性の方は自動的に修正されないので、そこだけ自分で何とかする必要があります。

4. まとめ

通常、メディアライブラリでは画像のタイトルは変更できますが、ファイル名は変更できません。それではと FTP 経由でファイル名を変更すると、今度はメディアライブラリ内で画像が認識されなくなってしまいます(データベースの修正も必要になるようで、私にはちょっと手が出せません)。

Media File Renamer を使えば、そんな厄介なリネーム作業をメディアライブラリで簡単に実行できるようになります。つまり、画像を iPhone からアップロードしても、自分が管理しやすいように後からいくらでもファイル名を変更することが可能になります。

このプラグインについては、次のページで紹介されていました。英語の記事ですが、他にも画像関連のプラグインがいくつか紹介されていて、参考になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です