矢印、四角、モザイクだけ!サクッと潔くスクショを加工する iPhone アプリ Bugshot

前々から気になっていた iPhone 用のスクリーンショット加工アプリ Bugshot が、試してみたらなかなかよかったのでご紹介します。機能が限られている分、操作の手順が少なくサクッと編集できるのが特徴。シンプルさと潔さとが同居するアプリです。

目次

  1. できることとできないこと
  2. スクショだけを自動的にピックアップ
  3. ツールはすべてワンタップ
  4. 加工したら即共有
  5. まとめ

できることとできないこと

Bugshot でできることは矢印と四角を描くことと、モザイクをかけること。それだけです。矢印と四角はオレンジ色1色で、他の色を選ぶなんてことはできませんし、文字入れもできません。使う時は雑念を取り払って、心の底から割り切って使いましょうw

こちらでレビューを読みました。

スクショだけを自動的にピックアップ

Bugshot を起動すると、カメラロールにあるスクリーンショットだけを自動的にピックアップしてくれます。これがすごく便利です。

ツールはすべてワンタップ

こちらが編集画面。画面のトップにツールバーが表示され、ワンタップで各機能を使えます。ツールバーの中央に3つボタンがあり、左から矢印、四角、モザイクです。迷いようがないですよね。

画面全体に若干モザイクがかかっているように見えるかもしれませんが、これは単に編集中はそのように表示されるだけです。ここでは画面左下の文字のところに、実際にモザイクをかけてみました。

線の太さは図形の大きさに応じて自動的に決まります。1度描いた図形はタップしたまま指を動かして移動、ダブルタップで削除も可能。ただし、大きさを変えることはできません。

加工したら即共有

加工が終わったら、右上のボタンから共有ができます。メールやツイート、カメラロールへの保存、コピーのほか、他のアプリに画像を渡すオープンインにも対応しています。

まとめ

iPhone で画像を加工できるアプリには無料で高機能のものもあるので、あえて有料で購入しようという人は少ないかもしれません。Bugshot は、機能を絞ってもいいからその分手軽に使いたい人や、とにかくスピーディーにスクショを加工したい人、そしてシンプルなものが好きな人に向いていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です