短縮 URL やパラメータ付きの長い URL を元通りに整形してくれる iPhone アプリ Clean Links

2013-11-12-001

全然記事にもされず、埋もれているので紹介しておきます。Clean Links はさまざまな形に加工されてしまった URL を、元通りの姿に復元してくれるアプリ。短縮 URL をクリックする前にリンク先を確かめたり、長い URL をシェアしやすい形に整えたりするのに役立ちます。

目次

  1. 起動するだけでクリーンに
  2. 使いどころ
  3. URL スキームもあり

起動するだけでクリーンに

使い方はこれ以上迷いようがないというくらいシンプルです。整形したい URL をコピーしてから、Clean Links を起動。それだけです。きれいになった URL が新たにクリップボードにコピーされます。

上の「Original」が、自分がコピーしておいた URL。下の「Cleaned」が Clean Links によって復元された URL です。

スクリーンショットの左側は、このブログの記事のアドレスを短縮 URL から元の形に復元した例。右側は、モバイル用の YouTube のアドレスを通常の形に戻したケースです。

使いどころ

Clean Links が使えそうな場面は、たとえば Twitter などで流れてきた身元の分からない短縮 URL を、クリックする前に展開して安全性を確かめるといったところです。

ブログを書く際に、iPhone で取得したモバイル用の URL を元に戻すといった用途にも使えます。他には、トラッキング用のパラメータが付加された異常に長い URL を、知り合いにシェアする前にきれいに形を整えることにも役立ちます。

URL スキームもあり

Clean Links には URL スキームもあるので、ランチャーアプリなどから呼び出して URL を渡すこともできます。

clean-links://x-callback-url/clean?url=エンコードしたURL

x-callback-url に対応しているので、コールバックもできます。きれいにした URL を Drafts に渡すには次のようにします。

clean-links://x-callback-url/clean?url=エンコードしたURL&retParam=text&x-success=drafts%3A%2F%2Fx-callback-url%2Fcreate

今のところ無料となっているので、とりあえず入れておいて損はないアプリです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です