iOS 7 のカレンダーでイベント登録時に時間の間隔を1分から5分に変える方法

2013-11-28-007

iOS 7 になってから、iPhone の標準「カレンダー」などでイベントを登録する際に、時刻を入力するために表示されるピッカーが1分間隔になったようです。でも、1分単位で時間を指定したいケースなどそうそうありません。そんな時はピッカーをダブルタップすることで、簡単に5分間隔に変更できます。

目次

  1. イベントの登録画面
  2. ピッカーをダブルタップ
  3. Fantastical や Drafts、Textwell でも同じように変更可能

イベントの登録画面

標準カレンダーで新規イベントを登録する時の画面です。「開始」や「終了」とあるところをタップするとピッカーが表示され、時刻を変更することができます。でも、1分間隔になっていますよね。ぐるぐる回すのは面倒くさいです。

ピッカーをダブルタップ

そこで、ピッカーをどこでもいいので、たとえば矢印で示した辺りをダブルタップします。するとご覧の通り、5分間隔に変更されました。

Fantastical や Drafts、Textwell でも同じように変更可能

サードパーティー製アプリの中には、イベントを登録するための画面をアプリ内で呼び出して、そのまま iOS のカレンダーにイベントを追加できるアプリがあります。

自分が確認した限りでは、Drafts や Textwell でも同じようにダブルタップで5分間隔への切り替えができました。

また、カレンダーアプリの Fantastical も先日、自前のアップデートで同じ機能を追加しています。

2 thoughts on “iOS 7 のカレンダーでイベント登録時に時間の間隔を1分から5分に変える方法

  1. sukesan

    こちらの記事もありがとうございます!!
    逆に、一分単位戻したくて困ってました^^

    Reply
    1. hirose Post author

      sukesan さん、こちらもコメントありがとうございます。確かに1分単位の方がいい時もありますね。いつでも切り替えられるのは結構便利ですよね。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です