結局買ってしまった iPad Air—薄い、軽い、そして無印良品のクッションケースにジャストフィット

2013-12-26-001

子どもたちだけでなく、自分のところにもサンタクロースがやってきました。そのサンタは「ひろせさんた」という名で、プレゼントはなんと、憧れのタブレット端末 iPad Air!今年1年、いい子にしていたのを見てくれていたようです。iPad Air の収納にぴったりな無印良品の「クッションケース」も一緒です。

目次

  1. 軽い、軽い、軽い
  2. iPhone 5 と同じ薄さ
  3. クッションケース
  4. まとめ

軽い、軽い、軽い

iPad Air はわずか469グラム(Wi-Fi モデル)という軽さ。そして7.5ミリの薄さで、これまでより28%軽く、20%薄くなっています。331グラムの iPad mini Retina(Wi-Fi モデル)と店頭で持ち比べてみても、iPad Air に重いという印象は全く抱かず、むしろその軽さに感動しました。

これぐらいの重さなら、片手で持つのも余裕です。家でごろごろしながら、大画面でお気に入りのアプリを動かしたり、Web ブラウズしたり、電子書籍を読んだりしたいと思っていたのでちょうどいい感じです。

自分のは Wi-Fi モデルで 16GB のシルバーです。

iPhone 5 と同じ薄さ

iPhone 5 と厚みを比べてみたところです。ほとんど一緒ですね。iPad Air はこれまでの iPad より薄くなった分、片手でホールドしやすくなりました。置いて使うだけでなく、持って使うことがやりやすい機種だな、と感じています。

クッションケース

開閉式のケースを着けて iPad Air が重くなったり、片手で持ちづらくなったりすることを避けたかったので、自分は無印良品のクッションケースに入れています。

色は他にもグレー×紺と、紺1色の2パターンがあります。もともと1,200円の商品でしたが、現在は値下げされて840円になっていますよ。

iPad Air 本体の大きさは高さが24センチ、幅が16.95センチ。ケースは高さ28センチ、幅21センチなのでジャストフィットします。

テーブルなどに iPad Air を置いて使いたい時は、ケースが文字通りクッションになります。横置きにするとタッチキーボードがかなり大きめに表示されるので、その状態でがしがし文字入力していくのが今のお気に入りです。

まとめ

iPad Air はとにかく軽いです。自分は主に自宅用にと考えていますが、気軽に持ち運んで、大画面で好きな Web サイトを見たり文章を書いたりできるので、使用頻度が高くなりそうです。

この記事もほとんど iPad Air で書きました (使用アプリは Drafts for iPad)。実は初代の iPad mini も持っているのですが、自宅用と考えれば小ささを重視する必要はありませんし、むしろ画面が大きい分、さらに文字入力がしやすいです。

ちなみに、ちょうど1年前にほとんど同じタイトルで、こんな記事を書いています(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です