テプラと無印良品「再生紙ペーパーホルダー」で家の書類やマニュアルを整理

2014-01-02-001

どれだけスキャナーが普及しても、家の中には紙ベースで保管しておきたい書類やマニュアルが数多くあります。そこでオススメなのが、テプラと無印良品の「再生紙ペーパーホルダー」です。書類をホルダーに挟んでラベルを貼るだけで、見やすく整理することができます。

目次

  1. 再生紙ペーパーホルダー
  2. テプラ
  3. ラベルを貼る
  4. ファイルボックスに整理
  5. 紙ベースで保管している物

再生紙ペーパーホルダー

以前はクリアファイルなどに書類を保管していた時期もあったのですが、厚い書類の出し入れが大変、順番を入れ替えたり中身を差し替えたりするのが面倒といった理由から、ここ数年はずっとペーパーホルダーを愛用しています。

書類を挟んでファイルボックスにしまうだけの簡単仕様。A4 の書類がちょうど収まるサイズで、もっと小さい紙類も大は小を兼ねるでしっかり保存できます。

テプラ

ペーパーホルダーの枚数が増えてくると一覧性が落ちるので、今回テプラを導入しました。

テプラはオフィス用の上位機種も含めるといくつも種類があって、値段もさまざまですが、自分は安めの「PRO SR45」という機種の青色を買いました。Amazon に 9mm のテープがセットになったものがあります。

本体の外観は至ってシンプルで、ボタンもそんなに多くありません。

こんな風にラベルにしたい文字を入力し、印刷ボタンを押します。イラストや改行を入れることもできます。今回はエアコンの取扱説明書用です。

すぐにラベルがプリントされます。ハサミマークのボタンを押すとテプラがカッターで切り取ってくれます。

ラベルを貼る

再生紙ペーパーホルダーにはラベルを貼れるスペースがあるので、書類の中身が分かるようにテプラで印刷したラベルを貼ります。

写真のラベルは、テプラの本体に付属していた試用の 12mm のテープを使っています。再生紙ペーパーホルダーに使うには 12mm がちょうどよさそうです。

ファイルボックスに整理

ペーパーホルダーの保管には、同じ無印良品のファイルボックスがサイズがぴったりなのでオススメです。

このファイルボックスはリビングに置いています。家の中であちこちに分散して置くより、1カ所にまとめた方が書類を探しやすいことが理由です。

紙ベースで保管している物

自分は基本的に紙の書類はすべてスキャナーの ScanSnap S1500 で電子化した上で廃棄しています。それでも各種契約書や家電製品の保証書、行政機関から送られてくる文書など、どうしても原本を残しておかなければいけない書類もあるので、そうした物は紙ベースで保管しています。

家電製品の取扱説明書も、PDF ファイルより紙ベースの方が、探している情報を見つけやすいので紙のまま持っています。

これまでクリアファイルなどで書類を整理しようとしてうまくいかなかったことがある人は、テプラとペーパーホルダーの組み合わせもぜひ選択肢に入れてみてください。

キングジム ラベルライター「テプラ」PRO SR45 SR45BL
キングジム
売り上げランキング: 45,402
FUJITSU ScanSnap S1500 Acrobat X 標準添付 FI-S1500-A
富士通 (2011-10-22)
売り上げランキング: 7,589
FUJITSU ScanSnap S1500M Mac専用 Acrobat 9 Pro標準添付 FI-S1500M-A
富士通 (2011-10-22)
売り上げランキング: 10,067

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です