ぷれしん(PressSync)が Open in に対応し、テキストや画像を簡単に渡せるように

photo credit: Hamed Saber via photopin cc
photo credit: Hamed Saber via photopin cc

WordPress エディタアプリの PressSync(愛称: ぷれしん)がこのたびのアップデートでまた1つ便利になりました。Open in という iOS のアプリ間でデータをやりとりする仕組みに対応し、他のアプリから簡単にブログ記事のテキストや画像を渡せるようになったのです。

目次

  1. テキストの受け渡し
  2. 画像の受け渡し

テキストの受け渡し

テキストの受け渡しはこんな感じで、Drafts(画像左)や Textwell(画像右)はアクションから行います。

Open in アクションを実行するとテキストを受け取ることができるアプリが表示されるので、ぷれしんを選びます。1行目がタイトル欄に、2行目以降が本文欄に記入された状態で、ぷれしんの新規投稿画面が開きます。

Dropbox に対応したファイル管理アプリからも送れます。これは Boxie の場合。共有メニューの「次の方法で開く…」からできます。

画像の受け渡し

画像の受け渡しは Photoshop Touch と Bugshot で自分は確認しました。画像を渡すとそのまますぐにアップロードできます。

ぷれしんで記事を編集中の状態の時は、画像を渡せないようです。

ぷれしん以外のアプリを下書きに使っている人は、記事を書きながら画像を加工し、その都度ぷれしんに渡して、記事が完成するまでの間にアップロードを済ませてしまうというやり方もできますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です