一冬に2度の体調不良で、無理しすぎないことの大切さを実感

photo credit: hehaden via photopin cc
photo credit: hehaden via photopin cc

この1週間というもの、ひどい風邪を引きずって仕事をずっと休んでいる状況でした。この冬で2度目の体調不良です。年齢を重ねるとともに、無理のきかない体になってきたのだと痛感し、生活の仕方をいくつか見直すことにしました。

目次

  1. 高熱と頭痛
  2. 思い当たること
  3. これからどうするか
  4. SNS やブログとの向き合い方

高熱と頭痛

ちょうど1週間前の日曜に微熱を感じて、その翌日から38度を超す熱と、それに伴う頭痛で寝込んでいました。2月にもインフルエンザで1週間、会社を休んでいて、今回も別の型のインフルエンザにかかったかと思うほどの苦しさでした。

幸い今回はインフルエンザ検査で陰性となりましたが、処方された薬を飲んでもなかなか復調せず、症状は金曜の夕方ごろまで続きました。

自分は今30代ですが、何度も体調を崩したり、回復に時間がかかったりするのは、それだけ体力が落ちてきたということなのでしょう。

思い当たること

心当たりはいくつかあります。毎日寝るのが遅くなって睡眠不足が続いていたこと、それにより日々の疲れが蓄積していたこと、栄養バランスの取れた食生活をできていなかったことなどです。

これまでにも何度か記事に書いてきましたが、シングルファザーとして働きながら子ども2人を育てています。「子どもが小学校に上がると楽になる」とも聞いていたのですが、実際は逆で、長男の小学校入学によって保護者としてやるべきことが格段に増え、今年度は結構厳しい1年になりました。

やっぱり身体には相当の無理がかかっていたんですよね。

これからどうするか

同じような事態を繰り返さないためには、できるところから生活の仕方を見直していくしかありません。

まずは睡眠時間をしっかり確保して、疲れを溜め込まないようにすること。以前、保健師さんから次のようにアドバイスされたことがあります。

毎日の生活の中では、自分がコントロールできない範囲の物事によって、疲れたりストレスを感じたりすることが往々にしてある。それに対して、自分の手でできる対策が質の高い睡眠を取ることだ。

すごく納得したのですが、現実にはうまく実践できていなかったので、あらためて心がけたいです。

他には SNS やブログとの向き合い方を次のように修正していこうと思っています。

SNS やブログとの向き合い方

SNS は知り合いとの交流や興味のある情報の収集をするための優れた場所ではありますが、自分の場合はそういった大切な部分とは別に、膨大な流れゆく投稿を漫然と眺めているだけの時間も結構ありました。

それによって得られるものと、そこに費やす時間のように失うものとを、シビアに見極めていく必要がありそうです。具体的には、人との交流や情報収集といった自分にとって本当に大事なものに集中して、それ以外のあまり本質的ではないものにはなるべく時間をかけないようにする使い方です。

あとブログについては、これまで「できる範囲でなるべく更新」というスタンスで来ましたが、もう少し緩くして「無理のない範囲でほどほどに更新」というスタイルで行こうかと考えています。ブログは面白い分、ついついのめり込んでしまうので、一線を越えないように、そして無理なく長続きさせられるようにしていきたいです。

最近はかなり更新頻度が落ちていますが、そこに焦りを感じないで、ぼちぼちやっていきます。もちろんブログは大好きなので、「できる範囲で」を「無理のない範囲で」に微修正しつつ、記事は書いていきますよ。

なかなか春の訪れを感じられない日々が続いています。皆さんも体調にはくれぐれも気をつけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です