Unread がアップデート、記事間の移動や一括既読のジェスチャーが追加

photo credit: k.landerholm via photopin cc
photo credit: k.landerholm via photopin cc

心地よい環境で記事を読める iPhone 用 RSS リーダーアプリ Unread がアップデートし、うれしい機能が追加されました。上下のスワイプで「次の記事」「前の記事」への移動が可能になったほか、記事一覧画面ではワンジェスチャーで全記事を一括既読にしたり、スクロールで個別の記事を自動的に既読にしたりすることができるようになりました。

目次

  1. アップデート内容
  2. 追加されたジェスチャー

アップデート内容

主な新機能は次の通り。

  • NewsBlur、Fever に対応
  • Tweetbot 風の画像ビューア
  • 未読記事数のバッジ表示
  • 「次の記事」「前の記事」への移動、一括既読のジェスチャー
  • 記事一覧画面で、スクロールで通り過ぎた記事を既読にするオプション
  • 2つの隠しテーマをデフォルトで利用可能に

Unread の概要については過去記事をご参照ください。

追加されたジェスチャー

これまでは記事を読み終えたらいったん記事一覧に戻る必要がありましたが、記事の末尾で下から上へスワイプすることで、次の記事にそのまま進めるようになりました。逆に記事の冒頭で上から下へスワイプすれば、前の記事へ戻ります。気になった記事を「Save」で保存しておいて、時間のある時にまとめて読むのに便利。

記事一覧画面では、リストの末尾で下から上へスワイプすると一括して既読にできます。また、リストをスクロールしていくだけで記事を既読にすることもできるので、記事の振り分けが容易です。

前回の記事では、Unread は記事をじっくりと読むためのアプリで、振り分けるための機能は弱いと紹介しましたが、だいぶ改善された感があります。フィードの購読数がある程度多い人でも決して使えなくはないと思います。iPad 版も開発が進められており、これからがますます楽しみなアプリです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です