スマートフォン、タブレットの Wi-Fi 運用に最適な LTE モバイルルータ Aterm MR03LN

2014-05-17-001

NEC アクセステクニカの Aterm MR03LN を使い始めて1ヶ月がたちました。連続12時間の Wi-Fi 通信が可能な長駆動バッテリーが魅力のこの機種。格安 SIM を1枚用意するだけで常時接続のネット回線が確保でき、スマートフォンやタブレットの Wi-Fi 運用に最適です。

目次

  1. Aterm MR03LN
  2. 使用環境
  3. 使用感
  4. iPhone と iPad を Wi-Fi 運用してみて
  5. まとめ

Aterm MR03LN

Aterm MR03LN は LTE/3G 回線を使ってネット接続できるモバイルルータです。現時点ではドコモのネットワークを利用して格安 SIM サービスを展開する OCN モバイル ONE や IIJmio に対応しており、将来的に SIM フリー化も予定されています。

主な特徴はこんな感じ。

  • 下り最大 150 Mbps の高速 LTE ネットワークに対応
  • スマートフォンやタブレット、ノートパソコンなど複数の Wi-Fi 対応機器を最大10台まで同時接続可能
  • Wi-Fi 接続で連続12時間通信できる長駆動バッテリー(Bluetooth 接続なら24時間)
  • 薄さ約11ミリ、重さ約105グラムのコンパクトな大きさで持ち運びやすい

iPhone と並べると、本体の小ささがよく分かりますよね(写真は iPhone 5s です)。機能や仕様について、より詳しく知りたい人はこちらのページを参考にしてください。

使用環境

それでは自分がどのように Aterm MR03LN を使っているかを紹介します。

常に持ち歩いているデバイスはドコモの iPhone 5s と、Wi-Fi モデルの iPad Air です。このうち iPhone にはドコモで契約した SIM を挿していますが、すでに SP モードとパケホーダイは解約済み。通話と SMS しか利用できない状態にしてあります。

外出時はこの2台を Aterm MR03LN と常時 Wi-Fi で接続し、ネットに繋ぎます。Aterm MR03LN には月900円で 1GB まで LTE 通信ができる IIJmio の格安 SIM を入れてあります。

使用感

実際の使用感はと言えば、まずバッテリーが公称通り、iPhone と iPad を Wi-Fi で常時接続していても12時間しっかり保ちます。こまめに電源をオフにする必要がないのがストレスフリーですごくいいです。帰宅したら休止状態にして充電し、翌朝家を出る時に休止状態から復帰させる、それだけで済みます。

ボディが薄く、軽いのもいい点です。ポケットに入れておいても全く気にならないですし、発熱もあまりなく、ほんのり温かくなるぐらいです。

ドコモの LTE/3G 回線を利用するため電波を掴めず困るような場面もなく、接続も基本的に安定しています。「基本的に」と書いたのは、この1ヶ月で数回、ルータとデバイスの Wi-Fi 接続、ルータと LTE 回線の接続がともに確立しているのにネットに繋がらないケースがあったためです。この時はルータの再起動ですぐに正常化しました。

iPhone と iPad を Wi-Fi 運用してみて

1ヶ月間 iPhone を Wi-Fi のみで運用してみて、困ったことは正直1つもありませんでした。Aterm MR03LN を通じて常にネットと繋がっている状態なので、メールの受信も、通知の受け取りも、アプリのバックグラウンド更新も問題なく行われます。

iPad に至っては、以前なら iPhone からのテザリングや公衆無線 LAN が必要だったのが、セルラー版と同じ感覚でいつでもすぐに使えるようになりました。

まとめ

キャリアのパケット通信を使わずに、Wi-Fi だけで iPhone と iPad を運用できるものか、実際に試してみるまでは半信半疑な気持ちも持っていました。

でも実際にやってみたら、モバイルデータ通信の時と何ら変わることなく、普通に運用ができています。むしろ iPad を利用しやすくなった分、かえって使い勝手が増したように感じます。

主だった MVNO サービスである IIJmio や BIGLOBE LTE・3G の格安 SIM についてはワンタッチで APN 設定ができます。また、ルータに Wi-Fi 接続するための設定ファイルを QR コード経由で簡単に iPhone などに読み込めるのもいい点です。

本体の購入に約2万円かかるのがネックと言えばネックですが、1回の買いきりなのでその後の負担はありません。複数のデバイスを持ち歩き、通信量もそれほど多くなく格安 SIM で事足りる人にはぴったりです。

MVNO 事業者によって格安 SIM とのセット販売やレンタルもやっていますので、初期費用を少しでも抑えたい人はその辺を狙ってみてください。

格安 SIM についてはこんな記事も書いています。

NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE マイクロSIMパッケージ T0003670
NTTコミュニケーションズ (2013-08-29)
売り上げランキング: 20
ビッグローブ BIGLOBE LTE・3G microSIMカード
NECビッグローブ (2013-12-02)
売り上げランキング: 17,765

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です