iPad mini 使い始めの印象と初期設定

iPad Mini
photo credit: @NickyColman via photopin cc

今回は iPad mini についてのファーストインプレッションと初期設定を綴りたいと思います。iPad mini は私にとって初めてのタブレット端末。iPhone とは一味違う使用感と魅力があることを、遅ればせながら実感しました。

手に馴染む持ち心地

これまで自分が iPad に手を出さなかったのは、「大きい」「重い」の2つがネックになっていたからでした。持ち運びが大変だと結局外には持っていかなくなり、家で子どもの玩具になるのがオチ…、そう思っていました。

それがいざ店頭で iPad mini を持ってみると、すっと手に馴染んできました。大きすぎず、小さすぎもしない適度な画面サイズ。薄い。軽い。男性も女性も、そして子どもも軽々と片手で持てる、その持ち心地に魅せられました。

キーボードが打ちやすい

iPhone では、日本語の入力にはフリック操作を行う「かなキーボード」を使っています。慣れてくればそれなりに早く入力はできるのですが、大量の文字を入力しようとするとやはり指がつりそうになります。

その点、iPad mini は横向きに置いて「ローマ字キーボード」を使えば、パソコンのキーボードに近い使用感を得られます(もちろんパソコンほどではありませんが…)。

photo of screen shoot

4本指ジェスチャーが快適すぎる

iPhone との使用感の違いという意味で、最も強い印象を受けたのが4本指ジェスチャーの快適さでした。

4本指で左右にスワイプすればアプリを切り替えられる。上にスワイプすればマルチタスクバーを呼び出せる。さらにアプリを立ち上げている状態で、4本指でくしゃっと画面をつまむようにすればホーム画面に戻れる。

わざわざホームボタンを押したり、アシスティブタッチを使ったりするまでもなく、ディスプレー上で指を滑らせるだけで一連の操作が行えます。これほど使い勝手のよい機能もありません。

ブログの原稿を書く時のように、複数のアプリを行ったり来たりする必要があるシーンで特に効果を発揮してくれています。

iPhone との使い分け方

これまでの iPhone 1台持ちから、iPhone と iPad mini の2台態勢になり、まず考えたのはどのように両者を使い分けるかということでした。

できればこの2つには相互に補完し合う関係であってほしいと思っています。今のところ、月並みな表現ですが機動力に勝る iPhone、じっくりかつパワフルに作業できる iPad mini と考えています。

なので iPad mini には、喫茶店などのゆっくりと落ち着ける環境で文章の執筆に集中する、といった iPad にしかできない作業を担ってもらおうと思っています。 通信環境の限られる Wi-Fi モデルを選んだのも、iPad mini を使えるシーンが限定されていてもいいという理由からです。

最初に設定したこと

ここから設定関係の話です。と言っても iPhone のように四六時中使うわけではないので、あまり弄っていません。

1. 通知

これは基本的に制限する方向で考えました。iPhone も iPad mini も「メール」や「カレンダー」を iCloud と同期しているので、2台ともに通知を受けることをわずらわしく思いました。

iPad mini しか手元にないという状況は考えにくいので、通知はすべて iPhone で受けることに。iPad mini で作業中の時は、iPhone で通知音が鳴ったらそのまま iPad mini で該当のアプリを立ち上げるようにしています。

というわけで、「設定」アプリの通知関係はこうしています。

photo of screen shoot

「カレンダー」だけはすぐに呼び出せるよう通知センターに残し、他はすべて通知センターから外しました。「太鼓の達人+」は子どもの遊び用なので気にしないでください…。

「カレンダー」の通知の設定はこちら。「通知のスタイル」から下はすべてオフにしています。

photo of screen shoot

他のアプリ(例えば「メール」)は、「通知センター」のスライダーも含めてすべてオフにしました。

photo of screen shoot

2. 画面ロック

iPhone とは違い、iPad mini では「設定」アプリの中に画面ロックに関する設定がありました。

「一般」→「本体横のスイッチの機能:」で、本体の右側面にあるボタンを「画面の向きをロック」と「消音」のどちらに使うかを選べます。

photo of screen shoot

ここで「画面の向きをロック」を選択しておけば、普段は縦向きにしたり横向きにしたりといろいろ変えつつ、必要な時だけスイッチで向きを固定できます。

au WI-Fi SPOT を Wi-Fi モデルの iPad mini でも

iPhone を au で使っている人は、カフェや駅などで利用できる au WI-Fi SPOT の Wi-Fi 環境を、そのまま Wi-Fi モデルの iPad mini でも使うことができます(タブレットやパソコンなどを1台まで、無料で iPhone に追加して使えます)。

設定方法は au の公式サイト に説明があります。

まずは App Store で au Wi-Fi接続ツール をダウンロード。アプリ内で au ID とパスワードを入力し、プロファイルをインストールすれば OK です。

実際に au WI-Fi SPOT の Wi-Fi 環境 を使う時は、エリア内で1度アプリを立ち上げないといけません。アプリを起動すれば、自動的にログインしてくれます。

iPad mini を使い始めてまず感じたことは、大体以上の通りです。iPhone と同期を取れるアプリを軸に、iPhone よりは使うアプリや場所を限定しつつ、しばらく運用してみようと思います。

2 thoughts on “iPad mini 使い始めの印象と初期設定

    1. hirose Post author

      ありがとうございます。まだまだ PonDad さんの mini ほどディープな稼働まではしてないのですが(笑)、ブログの執筆に役立ってます(^^) au の Wi-Fi はあれば何かと重宝しますよねー!

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です