ブログでのアプリ紹介に使える iTunes 純正ツール

Apple Warhol Widescreen Wallpaper
photo credit: Tiger Pixel via photopin cc

iPhone などのアプリをブログで紹介する時に使えるリンク生成ツールはいくつかありますが、iTunes の純正ツールが使ってみたらなかなか便利でした。しかもアプリだけでなく、音楽や映画など iTunes 上のコンテンツ全般を扱えるので使い途が広そうです。

純正ツールは Apple の公式サイトに

Apple 公式サイトの次のページから「Link Maker」と「ウィジェット」の2つのツールが使えます。

1. Link Maker

Link Maker はシンプルなリンク生成ツールです。お好みのアプリを検索して選ぶと、ダイレクトリンクと3種類の HTML コードを表示してくれます。

photo of screen shoot

この HTML コードをブログに貼り付ければリンクとして表示されます。ブログ上ではそれぞれ次のような表示になります(ここでは自分の大好きなタスク管理アプリ Things の iPhone アプリを例にしました)。

いずれもリンクをタップまたはクリックすると、iPhone なら App Store アプリで、パソコンなら iTunes の Web ページか iTunes アプリで、該当商品のページが開きます。

2. ウィジェット

もう一方の「ウィジェット」では Widget Builder というツールが使えます。

作成できるウィジェットの種類はいくつかありますが、特定のアプリを紹介する場合は「App をチェック」を選択。先ほどと同じように検索からアプリを選ぶと、ウィジェットを表示させるための HTML コードを生成してくれます。

photo of screen shoot

この HTML コードをブログに貼り付ければ、以下のようなウィジェットが表示されます。

限られたスペースに、App Store と同じアプリの説明文がスクロール式で表示されるのでなかなかオシャレです。「表示」のボタンを押すと、先ほどの Link Maker と同じように App Store アプリなどが立ち上がります。

ウィジェットのサイズも調整できる上、アプリをまとめて紹介する「App リスト」というウィジェットも用意されています。

iPhone でもパソコンでも利用できる

どちらも Web 上のツールなので、iPhone からでもパソコンからでも使えます。

リンクシェアを利用されている方は、どちらもリンクシェアの管理画面から使えます。

手順は「リンク」→「リンクの作成」をクリックし、「iTunes Store」を選択します。

photo of screen shoot

表示されたページを下の方にスクロールしていくと、「Widget Builder」と「iTunes Link Maker」のリンクがあります。毎回リンクシェアにログインするのは手間がかかるので、このリンクをブックマークしておくと便利です。

photo of screen shoot

リンク生成ツールはさまざまなものが公開されていますが、しばらくは純正ツールを使って様子を見ていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です