続・冷凍みかんの作り方(ラップ利用編)

2013-06-05-004

先日書いた 昔懐かしい冷凍みかんを作ってみた の記事に、みかん好きな人や静岡県出身の人からいくつか反応を頂戴しました。その中で、ラップを使って冷凍みかんを作る方法もあると知ったので、今回はそれを試してみました。

目次

  1. 冷凍みかんの呟き
  2. 作り方
  3. 実際に作ってみる
  4. 気になるお味は

1. 冷凍みかんの呟き

前回の記事を公開してからまもなく、Twitter のタイムラインでヤズさん (@402yaz) の呟きを目にしました。へー、そんな作り方もあるのか!?と驚いて声をお掛けしたところ、親切に作り方を教えてくださいました。ありがとうございます!

2. 作り方

作り方はいたって簡単です。

  1. みかんの皮を剥く。
  2. 白いスジを取る。
  3. 1個1個ラップで包む。
  4. そのまま冷凍庫に入れる。

先日の記事では、静岡県の公式ホームページに掲載されていた作り方を紹介しました。それはみかんを1度冷凍してから冷水に浸け、薄い氷の膜を作ってさらに冷凍するという手順でした。それと同じぐらい、もしかしたらそれ以上に簡単ですね。

3. 実際に作ってみる

今回も写真とともに振り返ってみたいと思います。最初は皮を剥いたみかんをすべて小さく分けてみました。ラップの上に並べます。

2013-06-05-001

あとは1つ1つの大きさに合わせてラップをハサミで切り、そのまま包んで冷凍庫に入れます。

2013-06-05-002

みかん丸ごともやってみました。

2013-06-05-003

冷凍すること1時間半、その後、常温で30分ほど自然解凍しました。見た目はそんなに冷凍みかんという感じではないです。

2013-06-05-004

4. 気になるお味は

そして実際に子どもたちに食べさせたところ、静岡県公認の方法で(私が下手に)作った冷凍みかんよりおいしい!という評価でした(笑)。静岡県の方法だと薄い氷の膜をきれいにつけられるかどうかが分かれ目ですが、ラップ方式はそういう作業がない分、テクニックの差によるまぎれが少ないのかもしれません。

個人的には、同じラップ方式でもみかん丸ごとより、小分けにしたものの方がきちんと凍っていて、おいしく感じました。丸ごとの場合はもう少し冷凍時間を長くした方がいいかな、と思います。

ヤズさん、今回はありがとうございました。そして静岡県との対決での勝利、おめでとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です