ブログが1歳の誕生日を迎えました

photo credit: David Tao Photography via photopin cc
photo credit: David Tao Photography via photopin cc

本日、当ブログ Simple Living が1歳の誕生日を迎えました!いつも読んでくださっている皆さま、ありがとうございます。あっという間に過ぎ去った1年間の出来事を、今日はゆっくりと振り返ってみたいと思います。

目次

  1. 「続けた」というより「続いた」感覚
  2. ブログによって変わった世界
  3. 多く読まれた記事と思い出の記事
  4. 数字的な話
  5. 今後の目標

「続けた」というより「続いた」感覚

もともと自分には熱しやすく冷めやすい面や、たった1つの習慣さえ長続きしない悪い傾向があります。ブログを始めた時点では本当に続くかどうか自分自身が半信半疑に思っていました。

ですが、いざ始めてみたら「続けるために更新しなきゃ」と自分に言い聞かせなければいけなかったのは最初の時期だけ。1ヶ月もしないうちに、記事を書くことがごく自然に生活の中に溶け込んできました。

途中、忙しくて更新期間が空いてしまったことはありましたが、ブログそのものから気持ちが離れたことはありません。「日々楽しんでいるうちに、気づいたら1年が過ぎていた」といった感覚。それこそがブログの面白さの裏返しなのかもしれません。

ブログによって変わった世界

ブログを始めて変わったことと言えば、やっぱり自分の生活範囲以外の場所に多くの知り合いができたことです。

SNS を中心としたオンラインのつながりに始まり、イベントや勉強会にも参加したことで、それまでの自分なら会うことのなかったはずの人たちと実際にお会いする機会に恵まれました。そのうちの何人かの人とは、ちょっとしたプロジェクトのようなものも立ち上げて、お会いして以降も日々連絡を取っていたりします。

もし「ブログをやってみようかな、どうしようかな」と思っている人がいましたら、強くお伝えしたいです。「今想像している以上の出会いが待っていますよ」と。

他に、ブログを始めたことで自分自身がすごく変わってきたことも実感します。1つには、自分の身にあったことや感じたことを発信しようと思う姿勢。もう1つは、知識欲です。

1年前の時点では、HTML や CSS といった Web サイトを構築するための基本言語については1文字も知りませんでしたが、試行錯誤しながら実地で学ぶことで少しは知識が身についてきました。

空き時間を使って効率的に記事を書くために iPhone の使い方を見直す中で、URL スキームなどという以前の自分にはほとんど縁のなかった隠れ機能にも詳しくなれました。また、何の経験もないのに JavaScript というプログラミング言語をかじってスクリプトを自作し、あげくそれをブログで公開する、なんてことも1年前には全く予想もできなかったことです。

そのどれもが自分で好きで始めた勉強です。「やらなければいけないこと、やらされること」が多い日常の中で、そうした「勉強したい」という思いを持てたことは、本当に幸せなことだと感じます。

多く読まれた記事と思い出の記事

ここからは、どんな記事を書いてきたのかを振り返ってみます。1年を通じて最も読んでもらえた記事はこちらです。

iPhone のカレンダーで過去の予定が消えてしまう人へ

最初の頃に書いたごく短い記事で、内容的にもカレンダーで過去の予定が消えたら設定を変更しよう、という簡単なものです。でもずーっと検索経由で読んでもらえていて、堂々たる1位。

今では長文かつ一般向けではないテクニカルな話題が多いこのブログですが、もともとは iPhone を手にしたばかりの人向けにちょっとした tips をお伝えしていきたいと思っていたので、こういうのはすごくうれしいです。

2〜5位も順に挙げてみます。

ブログを運営するためのツールである WordPress の話題も1つ入っていますが、あとはすべて iPhone 関連の記事。何だかんだ言っても iPhone ブログのようです。

いくつか思い出の記事もご紹介します。ランキングでは8位だった次の記事は、この1年間に書いたものの中で最も Twitter やはてなブックマークで拡散され、普段の読者層以外の人にも読んでもらえました。

先ほどと同じく、これも iPhone 関係の話題で、自分の大好きなアプリを紹介した記事。ただ、書いた時点ではすでにアプリのリリースからかなりの期間がたっていたので、拡散されたことは正直驚きでした。

これをきっかけに、あまり時期の早い遅いにはこだわらず、自分が好きなものは徹底的に詳しく書いてみようというスタンスが生まれました。ブログで紹介するアプリや Web サービスなども自分が本当に好きで愛用しているもの、人にもオススメできるものに限るようにしています。

こちらは先ほども少し触れた JavaScript でスクリプトを作ったという話。漠然と「プログラマーってかっこよさそう」という憧れはあったものの、まさか自分がこんなことをするようになるとは思ってもみませんでした。

次の記事たちは、自分自身の育児に関するものです。

育児関連の記事は本数こそ多くないものの、どれも長い時間をかけて自分と向き合いながら書いています。

私はシングルファザーですので、世の中のパパさんたちとは育児への関わり方のスタンスが若干違っています。そんなところも含めて、自分のやっていること、考えていることを字に起こしているので反響があるとすごくうれしい分野。そして、これからもっともっと記事を書いていきたいと思う分野でもあります。

最後に、自分個人のことを綴った記事です。ブログを始めた頃はそんなに個人的なことを書くつもりはなかったのですけど、次第に節目節目で自分自身の記録として残しておきたいと考えるようになりました。

それだけブログという場所や、ブログを通じた人との交流が自分にとって貴重なものになってきたということなのだと思います。記事に寄せていただいたコメントの1つ1つが、自分にとって大切な財産になっています。

数字的な話

数字的な部分を振り返ってみると、この1年間のページビュー数は約18万 PV でした。最初の頃は1日に10 PV とか20 PV ぐらいだったので、続けることでこんなにも多くの人に訪れてもらえるようになるのだなー、と自分自身が驚いています。1ヶ月の PV 数は最近ようやく、4万近くまで伸びてきました。

書いた記事数はこの記事を含めて171本。おおむね2日に1本ぐらいの本数になったので、これについては素直に「よく続いたな」と受け止めています。

今後の目標

これからの1年でしたいことですが、PV についての目標のようなものは特になくて、どちらかと言えばテーマ(ブログの見た目など)の自作をやり遂げたいと思っています。

本当は1周年に間に合うように形にしたかったのですが、そううまくは行きませんでした。次の1年で、必ず完成させたいです。

あとはやっぱり自分自身が楽しみながら記事を書いていくこと。そして読者の方々との交流を楽しむこと、これに尽きます。

ブログを始めてからこれまでの間に、1年前の時点では想像もできなかった多くの経験をすることができました。続けてこそ、あるいは続いてこそ見えてくるものがきっとこれからもあるはずです。

だからこそ、ブログが続いていくようにしたい。それが1番の目標です。

いつも長文記事を読んでくださっている皆さん、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です