Unread for iPad がリリース、心地よい RSS 体験を大画面でも

洗練されたシンプルな UI で、心地よい RSS 閲覧環境をもたらしてくれる Unread に iPad バージョンが登場しました。スワイプを基本とした iPhone バージョンの操作性を踏襲し、大画面でも扱いやすい作りになっています。ユニバーサルではなく、別アプリとしてのリリースです。

目次

  1. Unread
  2. ツールバーやボタンのない画面
  3. 片手持ちにも対応したスワイプ操作

Unread

Unread は feedly や Feedbin、Feed Wrangler に対応した RSS リーダーアプリ。競合アプリと比べて機能は抑えめですが、その分、フルスクリーンで記事を集中して読むことができる環境を提供してくれます。

参考記事:

ツールバーやボタンのない画面

Unread はツールバーやボタンを画面から排し、記事だけを見せる作りになっています。記事共有などの機能面より、記事の読みやすさにプライオリティを置くなら、これほどいい環境はありません。iPad バージョンでもこの路線は変わっておらず、大画面を贅沢に使う、そんなアプリに仕上がっています。

片手持ちにも対応したスワイプ操作

スワイプ操作は iPhone バージョンと同様、左から右へのスワイプで前の画面へ戻る、右から左へのスワイプでメニューの呼び出しとなっています。画面の端からスワイプする「エッジ・スワイプ」ではなく、画面上のどこからでも有効なので、iPad を片手で持っている状況でも十分に対応可能です。

自分は iPad Air を使っているのですが、やはり画面の大きなデバイスは RSS や電子書籍など、読み物を味わうには最適の環境です。iPhone バージョンとは別アプリのため iPad 用に購入する必要はありますが、大画面で落ち着いて RSS を読みたい人にいいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です